・ 給湯温度の上限は60℃として下さい。
・ 水栓金具の必要最低水圧(流動圧)は0.18MPa以上を確保し、最高使用水圧(静水圧)0 .75 Mpa以内でご使用ください。水量調節およびメンテナンスの為に、止水栓の設置と点検口の設置をお奨めします。
・ アメリカでは一般的に水圧が高いため、水栓金具に抵抗(整流盤・チェックバルブ)を設けております。快適にご使用いただくために必要最低水圧を確保してください。必要最低水圧が確保できない場合、流量不足や給湯器動作不良などが発生する恐れがあります。(特に電気温水器は水圧が低くなることが多く注意が必要です。但し最低水圧が確保できる電気温水器のセットは可能です。)
・ 製品はすべて寒冷地対応商品ではありませんのでご了承下さい。
・ 水栓に使用できる水質は、上水および飲用可能な井戸水です。温泉水などは適しておりません。
・ めっき製品のお手入れには、薄めた中性洗剤とやわらかいスポンジ等をご使用下さい。クレンザー・磨き粉などの研磨を目的とした洗剤や用具のご使用はおやめ下さい。
・ 泡沫水栓を使用していますが、ボウルとの組合せによっては、水はねが生じることがあります。
・ 給水・給湯圧力はほぼ同圧(流動圧)にして下さい。
・ 壁埋込型水栓金具を設置される場合には、壁仕上げ前にバルブの施工をする必要があります。
・ 使用時に過度な力をかけないよう御注意下さい。
・ ヘッド引出しタイプの商品は、ホースより水垂れする恐れがあります。